ごあいさつ

松和産業株式会社は昭和46年6月に前社長である故荒木幹雄が創立し、主として石油添加剤並びに合成潤滑油を販売する商社として活動してまいりました。その後石油精製に必要な触媒添加剤、特殊薬品等、取扱い品目の増強を図りながら順調に成長してまいりました。

松和産業の社名の由来を申し上げますと、「松」は常緑樹で永久に生き生きとした緑色を保ち、「和」は和の精神を社風としてみなぎらして欲しいとの願いをこめて命名したものであります。

設立以来40有余年の歳月が過ぎ、これまでに石油業界に大変貴重な良い人間関係と厚い信頼関係を築いてまいりました。

この大切な会社の財産である基盤の上で、社員一人一人に自分の能力を発揮する機会を与え、活性化した組織作りを心がけております。組織が人を鍛え、成長させ、かつ多くのことを教えてくれることは身を持って体験してきております。その中で、営業に携わる社員は、各自、目的意識を持ちお客様に満足して頂ける、付加価値の高い情報並びに商品をご提供できるよう、鋭意努力しております。

これからは、従来よりお世話になっている取扱い品目に加え、省資源、環境保全に係る商品の開発に積極的に取り組み、限りある資源とかけがえのない自然を子孫に残すことでお役に立ちたいと願っております。

前に申し上げましたように、生き生きとした輝いた緑色を保ち、人間関係においては和を尊んだ社風で大切な需要家様方々と接し、国際社会に貢献できる企業を目指して社員全員で努力して行く心がまえでおります。

代表取締役 松岡 美紀 (旧姓:荒木)

このページの先頭へ